「神の草」日本山人参

霧島山

天孫降臨の伝説が残る霧島には高千穂をはじめ、大小二十余の名峰が連なります。霧島の名の由来は遠望すると、霧の海に浮かぶ島のように見えることによるといいます。雄大な自然に囲まれ、動植物や野鳥の絶好の生息地として知られる悠久の郷・霧島には、大いなる恵みが眠っています。

霧島の大地、水、太陽、風などが植物に大きなエネルギーを与え、限られたところだけに「神の草」は自生します。その力を人が手に入れるには、その偉大な恵みに感謝できるかどうかです。

薩摩藩、門外不出の伝承植物

江戸時代から薩摩藩で珍重されてきた大変希少価値のある伝承植物「日本山人参」。日本山人参の力を知り尽くした薩摩の先人に「神の草」と言わしめたと伝えています。
当時、この「日本山人参」を栽培することは困難で、自生するものだけを乱獲することなく、大切に伝えてきました。
薩摩藩が門外不出にしたことにより、その力は現代まで広く知られることがなかったといいます。

日本山人参は原種

日本山人参
学名: (Angelica Furcijuga Kitagawa)
アンジェリカ フルキジュガ・キタガワ
和名: ヒュウガトウキ
科名: セリ科

セリ科の多年草である日本山人参は日本固有の植物で、宮崎高千穂、大分県の山間から鹿児島県霧島山系に自生している多年性植物です。
体内で十分な量が合成できない9種類の必須アミノ酸ほか、ポリフェノールなどのすぐれた健康成分を含みます。

農場全景

メイゲンの農場では数万本の日本山人参が栽培されています。栽培現場では日本山人参に 色々な顔(草姿)があるのに気がつきます。
大きい葉、小さい葉、緑色の茎、紫色の茎、大きな草丈、小さな草丈、小さな葉を多くつけ茎立ちを しないもの、大きく茎立ちをして1年で枯れるもの、小さな膨らみのある黒っぽい種をつけるもの、薄い平らな大き目の種をつけるものなど色々な固体差があります。

種

植物学的に日本山人参は種が固定された品種ではなく種が固定されていない原種です。

このことは、日本山人参は近年まで人の手で栽培された歴史のないワイルドな植物であったことを物語っています。

日本山人参の成分は根と葉に

日本山人参(ヒュウガトウキ)

朝鮮人参(ウコギ科)は根部を利用しますが日本山人参(セリ科)は現在では茎葉の部位を利用しています。

当初は「日本山人参」を使った健康食品は根部を使用していましたが平成14年に当時の厚生省が日本山人参の薬効の高さから根部を「生薬」として登録しました。この時点で根部は「医薬品」として扱われ「健康食品」としてはとりあつかいができなくなりました。

この時、宮崎大学が茎葉部の有用成分を調べましたところ根部、茎葉の全草に同様の有用成分が含まれている発見がありました。現在では茎葉の部位を「健康食品」として提供をしています。

日本山人参(ヒュウガトウキ)の特性

霧島の花々 霧島の花々

日本山人参は競走馬に鞭を入れるような「カラダに無理を強いる」サプリメントではありません。

カラダが穏やかに、やさしく受け入れる日本山人参(ヒュウガトウキ)です。

10年先も健康であり続けるために!

−からだエイジングケア−